よくある質問

お客様より寄せられる、よくある疑問やお悩みに、一つ一つお答えします。

ローンを組む前
頭金をためてから家を買ったほうがいいのでしょうか?
頭金はあった方が良いですが、必ずしも必要なわけではありません。
物件金額にプラスして登記費用や火災保険料などの諸費用まで借りることができる金融機関もあり、頭金0で購入するお客様も増えています。
賃貸に住んでいれば、頭金を貯めている間も家賃や駐車場代金がかかってきます。
先送りにするデメリットもありますので、よく検討する必要があります。
具体的なシミュレーション等はぜひご相談ください。
住宅購入にあたり、頭金が2割はあった方が良いと聞いたのですがなぜでしょう?
頭金はあった方が良いですが、必ずしも必要というわけではありません。
現在は民間の金融機関をはじめ多様な商品がありますが、昔は住宅金融公庫を利用する方が多くいました。(現在の住宅金融支援機構)住宅金融公庫は8割までしか融資して頂けず、残りの2割を用意できない場合は民間の金融機関を利用したり、その2割部分だけ別の金融機関から借入をする等が必要でした。
しかし現在は民間金融機関でもかなりの好条件の商品も出ており物件の売買代金のほか、不動産登記にかかる費用や火災保険料など、住宅購入にかかる諸費用をすべて借りることができる金融機関もあります。
頭金を貯めている間に家賃を払い続けることにもなります。
具体的シミュレーションなどはぜひご相談ください。
ローンについて
住宅ローン控除って何?
「住宅ローン控除」とは、住宅をローンで購入したり、リフォーム等で改修工事をしたりすることで、年末のローン残高に応じて税金が戻ってくる制度です。
※制度の適用には一定の条件があります。詳しくはぜひお問い合わせください。
住宅を購入すると確定申告が必要ですか?
ローンを組んで購入の場合、「住宅ローン控除」適用のため確定申告が必要になります。確定申告は所得税の還付申告にあたり、お住まいの地域を管轄する税務署にて1月から申告が可能です。なお、2年目からは年末調整で申告が可能になりますので、還付の確定申告は必要ありません。
価格について
コミコミ価格とはどこまでの金額ですか?
コミコミ価格=本体工事+付帯工事の金額になります。
「本体工事」新築の建物だけの金額、基礎、屋根、構造、断熱材、サッシ内装ドア、内部電気配線、外部電気配線などのだれがどこに建てても必ず必要になる金額になります。
「付帯工事」基本的に工事のために必要となる建物以外の費用で、価格も変動もします。1、カーテン照明2、外部給排水工事3、確認申請費用4、仮設工事費5、瑕疵保険、地盤保障
1、「カーテン、照明」お客様のお好みにより価格変動します。※特別なご希望がなければ、変動はありません。
2、「外部給排水工事」建物から敷地外への排水管、水道管埋設工事。土地面積や、配管距離などにより価格は配管変動します。※通常は60坪位の土地を想定して入れております。
3、「建築確認申請費用」市街化区域においてその区域で法に伴って作られる建築物であるかの審査。適合しないと建築は不可。※市街化区域外では不要な場合もあります。
4、「仮設工事費」工事用の電気や水道の設置、及び使用料の費用。※建替えや増築等で支給の場合は不要となります。
5、「瑕疵保険、地盤保障」10年間の瑕疵保険保証費義務、調査後地盤の30年の保証費になります。※調査結果で、別途杭工事代が必要になります。

これらがコミコミ価格で、通常のケースですと、そのままの金額で工事が可能です。
コミコミ価格以外の費用は何が必要ですか?
コミコミ価格以外の費用は立てる方によってバラバラになりますが、大きく分けて
1、土地購入費用 2、住宅ローン借入費用 3、登記費用 4、外構費用 5、エアコン費用 6、上下水道加入負担金 7、火災保険費用 が必要になります。

基本はコミコミ価格が、カムホームとの請負工事金額の総額になります。

お問い合わせ

マイホームに関するご依頼・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。